医薬品を利用するのは良くない?について

Medicalオンラインメモに強くなる!

医薬品を利用するのは良くない?

病気などの際に今は様々な医薬品がありますよね?
なので、気軽に病気を治すことができるのですが、医薬品の使い過ぎには要注意です!
ちゃんと知っておかないと怖い医薬品の秘密について紹介します。

□医薬品が効かなくなる?
医薬品は利用しつづけると、体に耐性ができてしまうことがあります。
つまり、医薬品を使い続けると最終的には使っても効果がなくなってしまうのです。
人間の体は体外から来た物を常に敵と見なして、免疫を作ってしまいます!
同じく、医薬品も同じように敵とみなして免疫を作ってしまうのです!
なので、極力医薬品を利用しない方が良いかもしれません!

どうしても早く治さなくてはいけない!という時に医薬品を利用するようにしましょう!
そうしないと、大事な時に治らないということになりかねません!

難しいと思いますが、医薬品の利用タイミングや量を減らすだけでも、長生きできるという研究データも出ているようなのでオススメ!

医薬品の分類ってなんでしょう

薬というと、病院で診察を受け、その症状に合わせて出してくれるものだと考えられていましたが、時代が進むにつれて薬の販売ルートは薬局やドラッグストアだけではなく、インターネットやスーパー、コンビニエンスストアにまで広がっています。そもそも医薬品は医師の処方が必要なものと、必要でないものとに大きく分けられます。医師の処方が必要でない薬は「OTC医薬品」とよばれ、ドラッグストアやコンビニなどで購入できる薬はOTC医薬品に分類されています。通称、市販薬といわれているものです。このOTCは、「Over The Counter」の略で、四つに分けられています。まず、要指導と定められている薬は医療用成分配合の薬がはじめてOTCとして発売されたもので、薬剤師から買い求める薬です。そして、第一類は副作用・相互作用などの安全性の面でやはり薬剤師の説明を受けることを義務付けられている薬です。薬を販売する際にも購入者は署名を求められます。第二類は第一類の薬ほどではありませんが、安全性に注意を促すことが必要で、購入時には薬剤師や販売登録者からの説明を受けるように指示されています。鎮痛剤や風邪薬など、販売されているほとんどの薬はここに入ります。第二類に関しては、より注意が必要なものに関しては「指定第二類」となっています。第三類は第一・二類以外の薬で、購入者への説明を法律で義務付けられていない薬となっています。インターネットでは要指導を除いた薬が販売可能となっています。

おすすめWEBサイト 5選

ウェディングドレス レンタル 大阪

オリジナルジャージ

ボイストレーニング ビジネス

真珠ネックレス

High grade Property

Last update:2016/8/3